広告

猫と暮らす物件をインターネットで探す2

実際にペット可物件を検索してみます。

 

HOME'Sで都内23区にしぼり検索してみたところ、

f:id:cattee:20170218210214p:plain

5,588件の中古マンションが出てきました。

 

これに「ペット相談可」という条件を入れてみると

f:id:cattee:20170218210308p:plain

いっきに半分以下になります。悲しくなりますね。都内中古マンションの選択肢が約40%にしぼられてしまいます。

 

気になったので築年数ごとに調べてみました。

というわけで、下のグラフが築年数ごとの物件数です。

f:id:cattee:20170218210118p:plain

 

オレンジがペット可物件、上にいくほど築浅です。これを見ると築11-15年でペット可とペット不可の件数が逆転し、築5年以内で見ると約70%がペット可になっています(正式には「ペット相談可」)。

しかしながら価格の安い築20年超の物件になると、全体の25%以下という数字になっていて、猫と一緒に暮らすマンションを安く手に入れたい僕のような人間はこれをまず受け入れる必要があります。

 

良い物件は見つからないのが当たり前

現実を知ると逆に少しすっきりしますね。なかなか見つからないのことが当たり前、自分の条件に当てはまる物件なんてないのです。涙を拭きましょう。何度も何度も物件サイトを検索し、不動産屋に足を運び、内見をしては断るという行動は、未来の良物件への階段だと、そう思うことにしました。辛いけど。

物件サイトを毎日見ていても新しい物件が出てこず、絶望的な気分になったときは藁にもすがる気持ちで不動産サイトを直接見てみるのも手です。

 

三井のリハウス

www.rehouse.co.jp

 

東急リバブル

www.livable.co.jp

 

上記のような不動産仲介業者のホームページに物件サイトに掲載されていないものが、ごくたまに見つかることがあります。

やっぱり猫と一緒に暮らす中古マンションを探すのはとても難しいのだなとしみじみ感じている次第です。できれば猫が走りまわれるような間取りがいいなあ、なんて考えると予算の低さも相俟って、まったく見つからなくて、毎週不動産屋さんにいってはしょんぼりして帰っています。

 

ちょっとは広い部屋に住みたいですね。

f:id:cattee:20170218212912j:plain