読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
広告

猫がテレビの上にのる問題を解決したい

猫ってすぐテレビの上にのるじゃないですか。最近の薄型テレビをものともせずのるじゃないですか。あれなんなんでしょうね。

f:id:cattee:20170224001109j:plain

 

こっちがNHK将棋を見ているのに、綱渡りみたいにしてのるからグラグラするし、怖くて仕方がないです。あとうちの猫は配線をよく噛んでしまうので、それもなんとかしたい。ちなみに先日HDDレコーダーが死にました。悲しいですね。

 

こういうことになってしまうよりはマシなのかもしれないけれど。

togetter.com

 

 

ということで、新しいおうちではできれば壁掛けテレビにしたいなと思っています。こういうの買えばいいのかしら。 

 

しかしながら、HDDレコーダーもつけたい。そんなことができるのか。と思ったらテレビ背面に取り付ける金具のようなものがあるらしいですね。絶対それにしたい。

 

おとなしくテレビ見てるだけだったらいいのに。

f:id:cattee:20170228231147j:plain 

猫が太ったので自動給餌気を導入してダイエットしました

うちの猫が太りまして。

 

f:id:cattee:20170226223913j:plain

 

なんだかふっくらしてますね。

 

f:id:cattee:20170226223932j:plain

 

お腹のあたりがなかなかすごいことになってますね。

 

f:id:cattee:20170226223954j:plain

 

明らかに貫禄が出てきましたね。

 

f:id:cattee:20170226224009j:plain

 

トドみたいですね。

 

これはさすがにまずいということでダイエットをしてもらうことにしました。ちなみにうちの猫は女の子なのですが、女の子に見られたことがありません。悲しいことですね。

 

なんで太ったのか

これはもう飼い主の怠慢としかいえないわけで、大変申し訳ございませんでした。とはいえ、いちおうのカロリー計算などはしていたわけです。動物病院でもらった冊子に書いてあったとおり、年齢と体重に合わせて必要カロリーを計算して、それだけの量のご飯をあげていたわけです。しかしながら、太ってしまいました。

 

なぜか。

 

必要量を計測するためのスケールがあまりよろしくなかったんですね。

 

こういうアナログの料理用計量器を使っていました。そのためかなりブレが出てしまっていたようです。そもそも猫のご飯は数10g程度なので、5g増えただけでもカロリーはかなりオーバーしてしまいます。もう少しちゃんとしとけばよかったです。ごめんよ、猫。

 

ちゃんと計ってくれるものを導入しました

 というわけでこれを買いました。ルスモというやつです。

 

これは自動給餌気というやつで、決まった時間に決まった量のご飯を自動的に出してくれるという優れもの。 これなら計り間違いも発生しません。さっそくおいてみます。

 

結構でかいですね。

f:id:cattee:20170226223525j:plain

 

突然でかい新入りが登場して戸惑っていますね。

f:id:cattee:20170226223526j:plain

 

接触を試みようとしていますね。うちの猫は機械見知りしないのが良いところです。

f:id:cattee:20170226223527j:plain

 

じゃらじゃらじゃらじゃら

 

ご飯が出てきました。さっそく飛びつきます。

f:id:cattee:20170226223528j:plain

 

ご飯が出てくる機械と認識したようで、お腹が減るとルスモのまわりをうろうろするようになりました。さらにはご飯が出てくる口部分を手でかさかさとして、ご飯を数粒取り出す技も覚えました。食事制限でかなり量が減ったのでそれぐらいは許してあげることにします。

 

そんなわけで半年ほど頑張ってもらいまして、約5.5kgあった体重が4.7kgまで落ちました。お腹のたぷたぷも多少は改善しました。太ると肝臓の病気が心配なので、痩せてくれてよかったです。

 

あれ?痩せたかい?

f:id:cattee:20170226225913j:plain